数年後、このブログはサクセスストーリーとなる! / written by イノクマ(仮)

マックの60秒キャンペーン

本日、マクドナルドに行った。
今、マクドナルドでは、注文してから60秒以内に商品を出せなければ、バーガー類の無料券をくれるというキャンペーンをやっている。
どうやって60秒計るんだろう……と思いながら、店内に入ると、カウンターに並んでいる砂時計が目に入る。
この辺、さすがに徹底している。
ビッグマックのセットを注文すると、砂時計が返された。

落ちていく砂を少しドキドキしながら見守り、砂がなくなるとホッとした。
しっかりクーポン券をGETした。

マックの60秒キャンペーンチケット

このキャンペーンは上手くできているなぁ……と思う。

まず、話題性が有り、集客に結びつくこと。
クーポンを配ることにより次の来店につながること。(60秒以内に商品が出てしまっても、コーヒーの無料券が配布される。)
自社のアピールしたい商品をアピールできる。(今、マックではビッグマックを売りたいようです。なんでもかんでも無料で配布するように見せかけて、クォーターパウンダーやらメガマックは除くと注意書きに書かれています。結果的に対象商品の中ではビッグマックがもっとも高額商品になるため、クーポンのチケットにも大きく「ビッグマックなど」の文字)
キャンペーンを社内教育に利用している。(60秒で提供する形でサービス向上を図っている。時間を気にする余り、商品の質が下がるとの懸念もあるが。)

さらにすごいなぁ……と、思うのはそれをゲームにしてしまうところだ。
もらったチケットにも「Enjoy! 60 seconds(60秒を楽しめ)」の文字。
また、客も一目で結果が分かる派手な砂時計。
マックの店員も客もちょっとした賭け事感覚でキャンペーンに参加できるようになっている。

すごい。

すごいとは、思いつつ、僕の行ったマックではあまり上手くいっていない感じでした。

まず、店員が60秒で出す気が一切ない。
60秒で出すどころか、5分くらい掛かっているため、クーポン5枚くらい出して欲しい気分にさせられる。(ちなみに注文したのはビッグマックセットだけで、特別なものを注文したわけではない。)
5分待ったあげく、店員は一言、「次回、お使い下さい」と言ってクーポンを渡すだけ。
ちょっとドキドキしながら、砂時計を見ていただけにバカにされた気になる。

う~ん、実際、ただのクーポンのバラまきになってしまっているなぁ……。
砂時計を返すときと、クーポンを渡すときに気の利いた一言でもあれば、もっとゲーム化できて、もっと60秒を楽しむことができるだろうに……。

……なんてことを思いました。

僕の稚拙な文章を最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です