数年後、このブログはサクセスストーリーとなる! / written by イノクマ(仮)

プロになるためのWebデザイン入門講座(庄崎大祐)を読んだ

僕は、ホームページ制作を受注し始めるにあたり、学校などで勉強したことはありません。
しかし、他の仕事もそうですが、学校で学ぶことなんて実際の仕事の1割以下だと思っています。
大体の仕事では、実際に働き始めてから学ぶことの方がはるかに多いです。
実際、今の自分について考えても、学校を出ただけの人に比べれば、はるかに多くのことができます。
しかし、自分のレベルに自信を持てるかどうかというと別問題で、「○○スクール○○コース終了」的な肩書もなく、なんとなく不安が残ったりします。

普段「○○入門」って感じの本はあまり読まないんですが、この本は人気の講座から作られたとのことで、立ち読みしてみても面かったので、買ってみました。

ざっくりとした感想

ゼロから始める人でも、十分に素敵なサイトを作れるようになる内容だったと思います。

自分はある程度のことはできるワケですが、知らないことがいっぱい書いてありました。
ただし、僕の多用している技術でも、書いてないこともいっぱいありました。
ようするに、ホームページの作り方って、1つじゃないんでしょうね。
答えは山ほどある中から、案件に合わせて自分の武器で最善の答えを見つけていかなきゃならないんだろうな……と。

本のサンプルとして、作成するサイトはあまり動的な技術は使われておらず、単純に画像をうまく使ったサイトでした。
でも、僕の作るサイトより綺麗な仕上がりでした(^^;
個人事業向けのサイトを制作するなら、CSS3やらjQuery(もしくはFLASH)なんかを利用することより、うまく画像を使ったサイトを作ることを心掛けた方が良いのかもしれないなぁ……なんて思いました。

今後の活動

PhotoshopとIllustratorを使いこなす!

プロになるためのWebデザイン入門講座 実践で役立つPhotoshop&Illustrator徹底ガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です