数年後、このブログはサクセスストーリーとなる! / written by イノクマ(仮)

BPO(BusinessProcessOutsourcing)ってやつ?

この前から製作中のアフィリエイト用のサイトで200字程度の文章を沢山集める必要があったので、実験的に外注してみました。

使ったサイトは、Lancersです。
今まで、こういうSOHO系のサイトは仕事を受注する側で2~3サイトくらい使っていました。
発注する側で使うのは初めてですが。

今回、僕が発注したかったのは、200時程度の文書作成です。
クォリティはある程度低くても良かったので、安くかつ手っ取り早く集める必要がありました。
そうすると、いくつかあるSOHO系のサイトの中でも、Lancersが有利でした。
Lancersのすごいところは、発注から支払いまでがLancersのプラットフォームの中で完結するところです。
また、今回発注したような簡単な文書作成であれば、作業もLancersのクラウド上ですることができます。

他のサイトであれば、仕事の募集内容を掲載して、応募者が来て、応募者の中から良さげな人を選んで、とかいう手続きを踏まなければならないです。
それは、大きな仕事を頼む場合は当然するべき手続きだと思います。
が、簡単な作業であれば、そんな手続きは飛ばしてしまいたいものです。(クォリティは下がるかもしれませんが)
そういった場合にはLancersのタスクという仕組みはかなり便利です。
(他にもプロジェクト、コンペという2つの仕組みがあり、大きな仕事や時給制の仕事など、様々なものに対応しています。)

で、今回はあくまで実験だったので、とりあえず、80円で10記事ほど募集を掲載して、およそ1日半くらいで10記事が集まりました。
効率はかなり良いように思います。

と、散々Lancersの宣伝をしてみた後、欠点として、手数料が高いことを挙げておきます。
(手数料は、受注する側の報酬から引かれます)
僕も簡単なテキスト作成をLancersでやっていたことが結構あるのですが、継続的にそれなりの金額の仕事をもらうなら、直接契約が一番割が良いように思います。
(実際、僕がホームページ制作をさせていただいている会社とは直接の取引をしています。)

ま、そんなワケでアフィリサイトやらメールでアフィリエイトをされている人は記事が必要な場合もあるかとは思いますので、Lancersを使ってみるのも1つ有りかとは思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。